冬服をスムーズに処分するには?夏服の衣替えと一緒に断捨離!

着ない服は古着屋やフリマアプリで、必要な人に渡そう!

古い冬服を処分しようとしてもなかなかスムーズに処分できないことも多いでしょう。

そこで、今回は冬服を処分するにはどうしたらいいのか、そのための考え方をまずは徹底的に精査して対処法も考えていきましょう。

いろいろと荷物が溜まりやすいという人にも参考になる記事です。

 

スポンサーリンク

 冬服を処分するには、まずクローゼットの中を整理する!

冬服の処分でまず考えてもらいたいことは、「今全く着なくなった服はこれからも着ることはない」ということです。

そのためにも、クローゼットの中身を整理することから始めましょう。

そのやり方をいかにまとめていきます。

①自分が保存している冬服を把握する

クローゼットをあまり見ない人は、季節的に着ない洋服までため込んでしまいますので、どんどん積み重なってしまうでしょう。

何から手を出していいかわからないという人はクローゼットの中身がどうなっているのかをしっかりと観察して、なくても困らない服を選んでいってください。

クローゼットの中身をしっかりと確認することができれば、自分自身がどれだけ洋服をため込んでいたことが簡易的にですが見えてくるので、捨てるものも選びやすくなるのです。

1回で全部を片付けするのも難しいという人も、衣替えのタイミングで少しずつ減らしていくことが重要になります。

このクローゼットの中身がすっきりすれば、あふれてしまっている洋服も整理することができるようになります。

②大量にある冬服を捨てる決心する

あまりにも大量にあると捨てるのを躊躇してしまうこともありますが、そこで重要なのは割り切りとなります。

大量の洋服を捨てるための、断捨離のコツについて詳しくは後述いたしますが、「いつか着るだろう」という考え方が、洋服をため込んでしまう最大の理由となりますので、ここ1年間でほとんど着なかった物は捨てるという意気込みも重要になります。

③大掃除がしやすくなる

クローゼットの中身を整理することで、大掃除がしやすくなります。

洋服を減らすと場所的な余裕もできますし、それだけ整理整頓されるので大掃除が効率的に進むようになるのです。

関連記事

夏服をスムーズに処分するには?秋の衣替えと一緒に断捨離!
着ない服は古着屋やフリマアプリで!必要な人に渡そう! 夏服は薄着ではありますが、体型を含めた自分を魅せる大切なお洋服で、気がついたらたくさん家の中を占領している事があります。 今回は秋の衣替えのタイミングで意識する夏服の処分方法...
春と秋の衣替えのタイミングは気温や湿度が大いに関係!
衣替えの時のおすすめは「しまい洗い」! 衣替えの季節になると衣類の入れ替えやしまうためのしまい洗いなどでかなり忙しくなりますが、この衣替えのタイミングは地域や気温によって異なってきます。 今回はこの衣替えのタイミングについて春と...

体型に合っているか確認

洋服を捨てるために心がけてほしいのは、体型に似合っているかどうかでしょう。

「昔着ることができたから」とか「思い出の品だから」とか、「いつか着ると思うから」と考えてしまうと、次々とため込んでしまいますので、今の自分にぴったりと合うのか、体型的に大丈夫なのかを確認してください。

体型的に似合わなかった場合は、その時点でその洋服を着る確率は非常に低くなりますし、今の自分の美的感覚やセンスにかなわなくなってしまっているのであれば、体型があっていたとしても着ることは非常に少なくなります。

そういったものを必要なものではなく、いらないものというカテゴリーに判断して捨てられるようになれば、不要な洋服が次々と減っていくことでしょう。

着なかった冬服は処分

気に入った洋服をついつい選びたくなるという気持ちはよくわかります。

逆に考えると気に入らない洋服や体形に合わない洋服を、着ることはないということです。

1年間着なかった洋服を捨てるのは、ちょっと早いという意見がありますので、2年間袖を通していない服を捨てるという考え方を持ってください。

1年間袖を通していない洋服をそれ以降着る確率は低いですが、2年以上着ていない洋服は確実に着なくなりますので、捨てるための基準となってくれるでしょう。

実際に2年以上袖を通していない洋服は、存在そのものを忘れてしまうこともありますので、捨てるための第一候補にしたほうがいいです。

断捨離する時の心構えとコツ

断捨離をするための心構えがいくつかありますので、このコツをまず理解することが重要になります。

断捨離のコツは以下の通りです。

①断捨離をする期限を設ける

②物を捨てることを恐れない

③大量に捨てるのが困難ならば回数を分ける

④写真を活用して客観的に部屋やモノを眺める

⑤片付けた後の姿をはっきりとイメージする

⑥残す分量を決める

⑦なかなか動けないという人はあえて不便にするために、箱やクローゼットの中身を一度全部出す

断捨離をする場合はこのルールやコツを意識しましょう。

特に意識してもらいたいのが①の期限を設けるで、なかなか手がつかないという人はあえて期限を設けて活動するようにしてください。

やる気がなかなか出ないで、ダラダラと先延ばしにしてしまうという人ほど、強く意識して期限を設けることが重要になります。

大量に捨てることが怖いと感じてしまい断捨離ができないという人は、捨てても大丈夫という気持ちを持つことが重要ですし、あまりにも量が多くなってしまった場合は回数を分けることも重要になります。

また、片付けるイメージがわかないという人は、スマートフォンやiPhoneを使って写真を撮って客観的に部屋や捨てるべきものを眺めることも重要です。

客観的な視点で部屋を眺めると、捨てるべきものと残すべきものが見えてくることがありますし、片付けた後の写真を撮っておくとモチベーションの向上にも使えます。

最終手段となりますが、なかなか行動できない人はあえて捨てる予定があるモノをすべて表に出してみるといいでしょう。

これで片付けないといけないという義務感が発生するので、断捨離もしやすくなります。

洋服整理のコツについて

断捨離とは別に洋服に限定した処理の仕方についてみてきましょう。

また、洋服の選定の仕方も箇条書きにしますので、確認してみましょう。

①色あせているかどうか

②毛玉が出ているかどうか

③今の自分に似合っているかどうか

④来シーズンに着たいという気持ちがわいてくるか

⑤今シーズンそもそも袖を通したから

⑥痩せたら着られるという気持ちから体型があっていないものを残しているかどうか

⑦過去のお気に入りとなっている洋服が残っているかどうか

⑧もったいない精神が発生していつか着るだろうという考え方が出ているかどうか

これらをしっかりと意識したうえでいる洋服と、いらない洋服を選定しましょう。

まず考えてもらいたいのが①と②で、その洋服そのもののダメージがどうなっているのかです。

その後は自分なりに③から⑧を見つめなおしてもらいたいです。

古着屋やフリマアプリを使う

大量に捨てるのがもったいないという人は、古着ややフリマのアプリを使って売却してしまうのもいいでしょう。

購入価格の10分の1以下になることも多々ありますが、捨てるよりはましですので売れるものは売ってしまうのが正解なのです。

必要な人にあげよう!

どうしても捨てられないし売りに行くのも面倒という人は、友人や親せきに譲ってしまうというやり方もあります。

断捨離をする予定があるという方で、捨てるのがもったいないという人は、もらう人がいるかどうかを確認してください。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は冬服をスムーズに処分する方法についてまとめました。

洋服は一番貯めこみやすいので、たまりすぎる前に処理することが重要です。

なかなか行動できないという人は断捨離のコツや洋服の選定のコツを確認していただき、心のありようを変えてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました