洗濯機のニオイの原因は何?!対策方法をご紹介!

すごく簡単にできる洗濯機のニオイの対策方法とは・・

毎日使っている洗濯機ですが、見た目はきれいでも洗濯層の中からの臭いで悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

さらには洗濯機本体だけでなく、洗いたての洗濯物の臭いが気になると感じる方も、多いようです。

せっかくのお天気で洗濯日和でも、気分がブルーになってしまいますよね。

では、そのニオイをどうしたら消すことができるのでしょうか。

そこで、今回はこの洗濯機の臭いの原因と対策方法、そして臭いをなくすための洗濯機そのものの掃除の仕方についてご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

そもそもニオイの原因は何?

洗濯機の臭いの原因はカビです。

カビ等の細菌は、温度が2030℃で、湿度が60%を超えると爆発的に発生します。

洗濯物のタオルや衣類についた汚れや、洗剤のこびり付きや水アカが蓄積されてしまうと、洗濯槽の内側にあいている脱水用の排水の穴の中にカビが発生してしまいます。

このカビが大量発生すると、悪臭となって、イヤな臭いが洗濯した物に移ってしまうのです。

この他にも考えられるのは、洗濯機では細菌や雑菌が発生してしまうので、雑菌が増えると不快な臭いが発生してしまいます。

中でも特に多くみられるのが、水分や人間の皮脂などの汚れが、長年により洗濯槽内に蓄積され、『クロカワカビ』や『クレブシエラ・オキシトカ』という細菌が発生してしまうことです。

これらの細菌が洗濯物に移ったら、かなりの臭いとなります。

この細菌は臭いだけでなく、洗濯物(くつ下など)に付着して人体に悪影響を及ぼす事例が、ドイツで報告されています。

カビや細菌が大量発生すると、柔軟剤を使用しているのに変な臭いとなりやすいので、変な臭いを感じたら、必ず洗濯機の掃除をしましょう。

また、排水トラップがついていないと排水口内部の臭いが上がってきて、下水の臭いがついてしまう事があります。

関連記事

衣替え前には洗濯でダニ対策!洗濯洗剤は液体?粉末?
アイロンのスチームでダニ対策?天日干しは効果ある? 衣替えの季節は大量の洗濯物が発生するのでいろいろと疲れてしまいますが、どのように洗濯することが最適なのかまできちんと把握できていない人も多いでしょう。 今回は衣替えを行うときの...

洗濯機のフタは常に開けたままで!

まず一番の対策方法は、湿気に気を使うことです。。

洗濯機のフタは使っている時以外は、常に開けたままにしましょう。

洗濯直後にフタを締めると、湿気が中にこもってしまいますのでカビや雑菌が繁殖しやすくなります。

なので、乾燥させるためにも開けっ放しにする癖をつけましょう。

ただし、子供やペットがいるご家庭では、フタを開けたままにしていると、中に入ってしまい出られなくなる事故危険性がありますので、フタは必ず閉めましょう。

 

ぬれたり汚れた洗濯物を洗濯機に入れたままにしないこと!

日常生活の中で洗濯物を洗濯機内に入れる方も多いようですが、あれは洗濯物についている汗や皮脂が、カビや雑菌の繁殖する原因になるのでお勧めできません。

当然ですが、高温多湿の夏季は、特に避けた方がいいです。

筆者が夏季にしていることは、濡れたバスタオルは洗濯まで時間がある時は、日の当たる場所に置いて乾かします。(夜間の場合は外に干したりします)

しかし汗の着いたシャツや下着は、乾くとシミになるので、少量でも洗濯しています。

いずれにしても、洗濯物は必ず洗濯カゴに入れるようにしましょう。

『ガス衣類乾燥機』で高温乾燥させて除菌対策を

リンナイ(株)が発売している『ガス衣類乾燥機』を自宅に設置して、高温乾燥させて除菌する事が一番効果的だと思います。

高温で乾燥するので除菌の他、花粉症対策にも効果的で、買替時のリピーター率が約95%だそうです。

乾燥時間も電気式乾燥機より断然早く、何といってもふんわり感がガスの方が優れています。

乾燥が終了した時点で、衣類の温度が60℃くらいなっており、除菌には最適です。

都市ガス用・プロパンガス用共に、お値段は一番小さな3キロタイプで約10万円~でしょう。

コインランドリーも同じ原理ですが、近くにない場合や不特定多数の方が使用するのが気になる方には、ガス衣類乾燥機が最適ですね。

特に、コインランドリーに行かれている方は、検討する価値があると思います。

筆者も使用していますが、賃貸住宅でも壁に穴を開けたりする事もなく、キッチンのレンジフードのそばに設置して、脱着かんたんなガスコードで接続しています。

ガス屋さんに聞いてみると、セッティングのイメージが膨らむでしょう。

ただネックなのは、若干衣類が縮んでしまうので、衣類を購入する際は、ワンランク上のサイズを購入することをお勧めします。

洗濯が終わったらすぐに干す!

洗濯が終わったら、衣類を洗濯機内に入れたままにせずに直ぐに干す!

洗濯機の中に、洗濯物を入れたままにすると、洗濯機内の湿度が高くなってしまい、カビや雑菌が繁殖しやすい条件になってしまい、直ぐに衣類に臭いが染み着いてしまいます。

洗濯をしていたことを忘れてしまい、その後何時間も干し忘れたりすると間違いなく衣類に臭いが染みついてしまうでしょう。

筆者もそうですが、忘れやすい方は、見える場所に洗剤や洗濯カゴ等を置いたりして、『洗濯中』を忘れることできない環境にしましょう。

関連してですが、お風呂にお湯を張っているときも、お湯があふれださないように洗面器を部屋の中に持ってきて、見える場所に置いたりして工夫しています。

洗濯をしながら同時に他の事をすれば、時間を有効に活用できるのですが、その結果入れたままの時間が長くなるのは臭いの原因に必ずなります。

お風呂の残り湯はなるべく使わないように!

水道代を極力節約したいために、お風呂の残り湯を洗濯機に使用する方は多いですが、この残り湯には脂分や雑菌が多く含まれています。

残り湯を使用するということは、それだけカビや雑菌が大量発生する確率が高いということで、できれば使用しない方がいいでしょう。

しかし、どうしても水道代を節約したい方にとっては、お風呂の残り湯を使わざるを得ないでしょう。

その場合は除菌ができる洗濯洗剤を使用し、『洗い』のみに限定し、すすぎには水道水にしましょう。

すすぎで使用すると、雑菌だらけの水でのすすぎをするので、イヤな臭いや洗濯機内にカビも発生しやすくなります。

さらに、すすぎの回数は1回ではなく2回がいいでしょう。

また、最近のドラム式洗濯機は、省エネがセールスポイントということで、使用する水量が少ないので節水しやすいと言われています。

しかし、水量が少ないということは、洗濯槽内が汚れやすくなるので、あまり残り湯は使わない方が良いと思います。

お風呂に入ったお湯を一晩以上放置すると『レジオネラ菌』雑菌が発生する恐れがあるといわれています。

どうしても残り湯を使用したい方は、お風呂からあがって直ぐに洗濯に使用するのが理想です。

時間が経過するとと雑菌が大量繁殖するので、『洗い』でけでも使用しない方がいいでしょう。

洗剤の入れすぎに注意!

必ず適切な洗剤の量を守りましょう。

必要以上に洗剤や柔軟剤を入れると、洗剤のカスが残ってしまいますので、それだけカビや雑菌が増えやすくなります。

どこのメーカーの洗剤でも、水の量に対して溶ける量が決まっていますので、入れすぎた場合は洗剤が残ってしまい、これも洗濯機内の臭いの原因となります。

洗濯後の衣類の臭いをよくしたいために、つい洗剤や柔軟剤の量を多くしてしまいがちですが、洗濯機にも洗濯物にもそれはいいことにはなりません。

それでも臭いが気になる方は、洗剤や柔軟剤自体を変えてみるのもいいでしょう。

洗濯機も定期的に掃除をしましょう!

当然ですが、洗濯機も使用するほど、比例して汚れてしまいます。

上記でも ご紹介したように、洗濯機のフタを開けたままにしておくとか、洗濯物はカゴに入れておくとか、洗濯が終わったら直ぐに取り出すといった対応をしていても、少しずつ洗濯機は汚れていくのです。

使用頻度が多い人は2週間に1回程度、使用頻度が少ない人でも2カ月に1回程度は洗濯槽洗濯パン排水口の掃除をしましょう。

特に洗濯槽を掃除するための洗剤も色々とありますし、重曹を使うというやり方もありますので使用してみてましょう。

一番臭いがひどい排水口の汚れにはハイター(キッチンハイター含む)が効果的で、除菌作用も優れています。

しかし洗濯機本体にハイターを使用すると、本体や洗濯槽が変色したりする場合もありますので、必ず洗濯用の専用の洗剤を使用しましょう。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は洗濯機や洗濯物の『ニオイ』についてご紹介いたしました。

洗濯機の臭いを予防する方法は、ご紹介したように色々ありますので、どれがいいのか試してみましょう。

節約のために、お風呂の残り湯を使用しているという方も多いのですが、それが原因で悪い臭いがついてしまっている可能性も高いので、臭いが気になる方は使用しない方がいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました