ボイル冷凍カニと生冷凍カニの解凍方法の違いは?美味しく食べる解凍方法をご紹介!

現在では家庭でも冷凍カニをとても美味しく食べられるようになりました。

しかし、生の冷凍カニとボイル済みの冷凍カニでは解凍方法が異なっており、ここを間違えるとせっかく用意した冷凍カニの味も台無しになってしまいます。

そこで、今回は生の冷凍カニとボイル済みの冷凍カニの旨さを減らすことなく、解凍する方法についてわかりやすくご紹介いたします。

ボイル済みの冷凍カニの正しい解凍方法とは?

最初に理解して頂きたいのが、生冷凍とボイル冷凍の違いとおおざっぱな解凍方法についてです。

生冷凍はそのままの意味で『カニを生のままで急速冷凍したもの』となり、ボイル冷凍は『カニを一旦茹でてから急速冷凍したもの』となります。

この生冷凍は『できる限り急いで解凍するのが基本』となり、ボイル冷凍は『できるだけゆっくりと解凍するのが基本』となります。

おおざっぱな区分けですが、ここがわかれば対処方を間違えることはほぼなくなるでしょう。

関連記事

冷凍肉を美味しく食べるオススメの解凍方法は?
冷凍されたお肉は解凍の仕方によって味や食感が大きく変わるので、冷凍お肉の解凍にはかなり注意する必要があります。 今回はこの冷凍肉を解凍するやり方について詳しく解説し、その中でもオススメの解凍方法は何になるのか、注意点は存在するのかをご...

ボイル済み冷凍カニは自然解凍よりも冷蔵解凍推奨

ボイル済み冷凍カニを使ったことがある方は、常温の自然解凍をすることが多いのですが、実はこの自然解凍はカニの旨みが流れ出てしまう可能性があるので、専門家の方々は否定的な意見が多いのです。

できるだけ美味しくボイル済み冷凍カニを食べたいという方は、冷蔵庫を使った解凍にチャレンジしましょう。

そのやり方は以下のとおりです。

①ボイル済み冷凍カニの表面に薄い氷(グレース)がついている場合は水道水で薄氷だけを除去し、キッチンペーパーなどで水分を拭き取る
②冷凍カニ全体を新聞紙で包む
③少し深めのボウルに冷凍カニを入れたらラップをかけて冷蔵庫に入れる、姿作りタイプの冷凍カニの場合はカニ味噌が出ないように甲羅を下にしてから入れること、冷蔵庫に解凍室がある場合はそちらを使うこと
④大きさによって解凍時間が異なるが目安は半日ほどなので半日ほど放置する、大きいタイプのズワイガニ姿作りだと2日間かかったという報告もあるのでじっくりと待つこと

 

生の冷凍カニの正しい解凍方法とは?

生の冷凍カニを解凍する方法は、できるだけ急いで流水解凍をすることが求められます。

ボイルの冷凍カニはじっくりと時間をかけて対応しましたが、生の冷凍カニは時間をかけると色が黒くなってしまうので、見た目が目に見えて劣化していきます。

味はそこまで変わりませんが、食欲が低下する黒化はできるだけ阻止しましょう。

やり方は以下のとおりです。

①食べる分だけの生冷凍カニを用意する
②生冷凍カニ表面にくっついている氷の膜(グレース)を水道水でできるだけ剥がす、ただしやり過ぎるとカニの身までとけてしまうので要注意
③洗ったカニをジッパー付きのビニール袋に空気をできるだけ抜きながら入れる
④直接水がかからない状態になったら洗い桶に氷水を用意して、そこにジッパーに入れたまま冷凍カニを投入すると、ビニール袋に空気が入っているとこの段階で浮いてきちゃうので必ず空気は抜くこと
⑤10分から60分程度放置して自分好みの解凍状態になったらジッパーから取り出す
⑥水分が溜まっているので捨てる
⑦直ぐに料理をする場合はここから料理がスタート、直ぐに料理をしない場合は再度ジッパー付きのビニール袋に入れて冷蔵庫にしまう

急いで解凍する正しい方法とは?

流水解凍よりもできる限り早く解凍したい場合は、自然解凍やレンジで解凍をすることにチャレンジする方も多いのですが、味が劣化する可能性が非常に高いので推奨できません。

どうしてもレンジを使いたいという方は、レンジでの完全解凍にならないように時間調整をする必要があるでしょう。

急いで解凍するとどうしても乾燥してしまい、旨みが流れ出るようになるので、オススメの方法は存在しないと考えた方がいいです。

レンジなどを使っての短時間で冷凍カニを解凍すると、基本的に不味くなるからNGと考えておきましょう。

冷凍カニの解凍にレンジを使うと旨み成分などが抜け落ちてしまうので、NGとしている人が非常に多いです。

色々と調べて見たところ、昔は『急いでいる人はレンジで急速解凍すれば大丈夫』と解説していた人も多かったのですが、『今ではそれでは味が落ちるからNG』として止めた方がいいという声が多くなっています。

そこまで味を気にしていないという人ならばレンジを使うのもありだと思いますが、少しでも美味しく食べたいという人はレンジは使わない方がいいです。

カニの表面からうまく成分がなくなり乾燥してしまうと、パサパサとして食感になり、はっきり言って味が落ちてしまいます。

またレンジでのお話ではありませんが、注意喚起として多いのが時間をかけて解凍するボイル済み冷凍カニを常温解凍してしまうと、食中毒になるリスクがあるという意見もあります。

解凍したカニを再冷凍しても大丈夫?

これもはっきり言ってオススメできません。

業務用の急速冷凍機を使って再冷凍する場合ならばOKかもしれませんが、一般家庭向けの冷蔵庫を使っての冷凍では、風味や失われてしまい食感もパサパサになってしまいます。

わかりやすく一言でまとめると、『再冷凍は不味くなるからNG』となるでしょう。

なので基本的にはカニを食べるときは、再冷凍は考えずに食べきれる量を用意してください。

それでも作りすぎてしまいどうしても再冷凍しなければいけないという方は、そのまま冷凍するのではなく、一度茹でてから再冷凍すると被害が少なくなるという報告があります。

基本的には再冷凍はNGとなっていますので、再冷凍しないように適量を用意するようにしてください。

冷凍カニの日持ちは?

完全冷凍された冷凍カニが業務用の冷凍庫に保管されている場合は長期間保存できるのですが、開け閉めが多い家庭用の冷蔵庫に保存する場合は、業務用の冷凍庫と比べてかなり短くなります。

解凍することなく冷凍庫に入れっぱなしだったとしても1ヶ月が限度と考えた方がいいでしょう。

冷凍期間が1年と紹介されている商品でも、保存期間が長くなればなるほど味の質が低下していってしまうので1ヶ月と考えた方がいいです。

また、冷凍カニを解凍してしまった場合はさらに保存期間は短くなり冷蔵庫でも2日間程度しか保たないでしょう。

こちらも解凍してからの期間が長ければ長いほど風味や味が一気に落ちてしまうので、解凍した後は直ぐに食べきることが重要になります。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はボイル済み冷凍カニの解凍方法と生冷凍の解凍方法についてまとめました。

このようにボイル済み冷凍カニと生冷凍カニでは、解凍方法もかなり異なっているので、取り扱いには必ず注意してください。

昨今の冷凍カニは商品を購入すると解凍マニュアルのようなものが付随することが多いので、そちらをチェックしてから解凍作業に挑むといいでしょう。

筆者も解凍マニュアル付きのカニをもらったことがありますが、実際にそのマニュアル通りに作業をしたら美味しいカニを堪能することができたのでまずはマニュアル確認が必須となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました