先勝の日に納車は大丈夫?縁起は良い?

勝負事に用いると幸運を舞い込むということで有名な先勝ですが、納車とは相性がいいのでしょうか。

今回は六曜における先勝とは何かを解説しつつ、先勝を納車日とするのは縁起がいいと言えるのでしょうか?

そもそも『車祓い』とはどのようなことをするのか、先勝を選ぶ場合は時間帯をどうすればいいのかをご紹介いたします。

先勝とはどのような日なのかがよくわからないという方も必見です。

先勝の日に納車は大丈夫?

結論を先に記載すると『先勝はそこそこと言える六曜なので、大安の次点として扱える日』となっています。

それ以外にも、『六曜を全く意識していない方でも、吉と言える時間帯が明確なので扱いやすい日』とか、『ある意味車を購入するということは勝負事なので先勝を活用するのは吉である』という意見もあります。

六曜というのは、時間帯によって吉凶が変わる日もありますので、六曜を強く意識しているという方は時間調整も重要になってくるでしょう。

関連記事

先負の日に納車は大丈夫?縁起は悪い?
六曜の中でも比較的忘れられる傾向にあるのが先負です。 今回は六曜を意識しやすい納車日とこの先負の相性について詳しく解説し、縁起が良い日と言えるのか、時間帯も調節した方がいいのか、そもそも納車をした場合のお祓いは必須となるのかをご紹介い...

そもそも先勝とはどんな日なの?

先勝とは『先んずれば即ち勝つ』という意味があり、急げば急ぐほど吉になる日となっています。

また急ぎ事や勝負事とは相性が良く、それらのイベントや行事とセットにすることで、効力を発揮する日とも考えられているのです。

ただし、この先勝は午前中は吉で午後は凶になるという特徴がありますので、六曜を気にしている方が先勝を有効活用する場合は、納車も午前中に終わらせるようにしましょう。

どうしても午後になってしまうという方は、午前が凶で午後が吉となっている『先負』を活用するというやり方もあります。

関連記事

仏滅の日に納車は大丈夫?縁起は悪い?
何事にも縁起が悪い日として最悪の六曜なのが仏滅です。 今回はこの仏滅と納車の関係性に注目しつつ、本当に縁起が悪い日なのか、仏滅を納車日として選んだ場合のメリットはどうなっているのかをご紹介いたします。 また少しでも運気を向上させ...

六曜の吉凶を教えて!

六曜は旧暦に1日にならない限りは、『先勝友引先負仏滅大安赤口』のサイクルで繰り返します。

そしてこの六曜における吉凶は、左から順番に大安友引先勝先負赤口仏滅となっているのです。

基本的に六曜を信じている方々にとって、イベントや行事が赤口や仏滅と被るのはNGという考え方を持っています。

さらに注意するべきなのが、本来ならば大安に次ぐ吉日である友引なのですが、この友引は『友を轢(ひ)く』という言葉に通じてしまうので、納車とはあんまり相性がよくないという意見が多いのです。

そのため、上述したように本来ならば大安に次ぐ吉日は友引なのですが、納車においての大安に次ぐ吉日は先勝になっていると言えます。

先勝の日に納車は縁起が悪い?

こちらも結論から記載すると、『先勝と納車に関してはマイナスになるお話がほとんどないので、縁起は良いという考え方がある程度浸透している』となるでしょう。

ベストな六曜は大安となっていますが、友引は先に解説したように『友を轢く』という言葉に通じてNGとなっているので、大安がダメだった場合は先勝を選ぶという考え方が多いのです。

先勝の場合は、納車に対するマイナスイメージに繋がるような言葉には通じていないので、友引と違い安心して使うことができます。

納車の時間帯は関係する?

大安ならば1日吉で、仏滅ならば1日凶なので時間帯は関係ありません。

しかし友引・先勝・先負・赤口は、時間帯で吉兆が変わると言われているのです。

今回紹介している先勝の場合は午前中ですが、午後からはになるという六曜になります。

六曜を気にしている方が先勝を選んだ場合、できる限り午前中にイベントや行事を終わらせるようにしましょう。

先勝に納車をする時の注意点やメリットについて

先勝に納車をする時の注意点は、『大安ではないので、大安に納車することが当たり前と考えている方々から注意される可能性がある』ということです。

これは昨今の若い方ならばかなり少ない考え方ですが、一昔前の世代の方々からすると、六曜の考え方が染みついているケースがかなり多いと思われます。

なのでご年配の親戚から注意されるというケースがあるのです(筆者も○○をするなら大安にするのが当たり前といった声を、一部の親類縁者から聞いたことがあります)。

納車日そのものを口に出さなければ特に問題にはなりませんが、家族と一緒に暮らしている場合は、家族から情報が漏れる可能性もあるので、ある程度の口裏合わせは必要になってくるでしょう。

逆にメリットは、六曜における人気日は大安にとにかく集中しているので、先勝の場合は希望の納期を選びやすいというメリットがあります。

人気車になると大安を納車日とすると数ヶ月遅れになるが、他の六曜だとすんなり納車されるというケースもあるのです。

できる限り早く車を手に入れたいという方で、多少なりとも六曜的な幸運にあやかりたいという方は、先勝午前中をうまく活用しましょう。

納車で混み合う大安は業者の方々も非常に忙しいのですが、ある程度時間を確保できるような日であれば、一人一人の対応もかなり丁寧になりますので、業者さんから丁寧な対応をされるという可能性もあるのです。

お祓いはした方がいい?

車は購入した後に神社で交通祈願をして、車とドライバーに事故がないようにお祓いする『車祓い』をしてもらう方が多いです。

この『車祓い』のメリットは、『お祓いをしたから自分の車は大丈夫』という安心感を得られることです。

車を運転する機会が多い方にとっては、その安心感の象徴であるお守りを持っていると、心にゆとりができるという人も多くなっています。

『そもそも車を運転するケースが少なく、近くに神社もないからわざわざ行くのが面倒くさい』という方にとっては、そこまで車祓いにこだわる必要はないでしょう。

なので、結論としては、『車を運転する機会が多く安心感がほしいという方にとっては必須だが、あんまり車を運転しないし神社に行くのも面倒と考えている人にとっては不要』となっております。

納車時の交通安全祈願のお祓い相場は?

基本的な祈祷料の相場は5,000円程度と言われていますが、明確なルールは存在していないので3,000円から1万円とかなり幅があります。

自分が伺う予定の神社がどの程度の料金になっているのかは、事前にチェックしておくといいでしょう。

また、ここでの料金はそのままお財布から渡すものではなく、のし袋を用いて渡すことになるのでのし袋がないという方は、事前に準備することもお勧めします。

ちなみに祈祷をしてもらった場合ののし袋ルールは、上部に『御初穂料』や『御供』や『御神前』や『玉串料』などと記載して、下部に自分の氏名を記載すればOKとなります。

上部に記載する文字はかなり種類がありますので、あなたが住んでいる場所ではどんなルールがあるのかを確認しつつ使い分けをすると、地元への配慮も加わってさらによしと言えるでしょう。

特にそういったルールを聞ける人が身近にいないという方は、ここで紹介したルールをそのまま則ればOKですので、心配ありません。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は先勝と納車の相性について記載しました

先勝と納車はとくにNGとなる言葉の繋がりもございませんので、吉となる時間帯を有効活用することができれば、六曜に対して強いこだわりを持っているという方にも確実に活用できる日となっています。

ただし、午前中のみが吉となっているので、仕事がある平日を選ぶのは難しいでしょう。

休日の午前中に家に納車されるように、ある程度の日程調整は必要になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました