喜寿のと意味や由来と年齢は!喜寿お祝いの色は?

喜寿の意味や由来と年齢は?喜寿お祝いの色について!

長寿のお祝いは中国の風習を取りれて、奈良時代から始まったとされています。

喜寿』は室町時代に日本独自の風習として始まったといわれています。

また日本では、数字で数える年齢の他にも、漢字二文字で表す年齢の読み方があり、『寿』には長寿という意味もあります。

例えば、『喜寿』もそうなのですが、さて喜寿とは何才のお祝いのことなのか、答えられるでしょうか。

また、喜寿にはお祝いをするためレゼントやイベントを考えている方も多いと思いますが、なぜ喜寿のお祝いをするのでしょうか。

このような昔からの伝統文化は、ただ何となく流れに沿って行うのでは意味はありません。

正しい意味を知ることで、お祝いする気持ちも深まり、より素敵な喜寿のお祝いが行えるのではないかと思います。

そこで今回は、『喜寿』についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

喜寿の意味や由来とは?

 

還暦や古希など、誕生から60年または70年の節目を迎える年のお祝いのルーツは、中国にあると言われています。

『還暦』は干支を一巡する(十二支と十千の組み合わせが60通りあり、一巡には60年掛かる)ことで、赤ちゃんに還るという意味があります。

古稀(古希)は『70才まで生きるのは稀である』という意味があり、曲江の詩から派生した言葉と言われています。

そして今回ご紹介する『喜寿』は、前述のとおり日本が発祥と言われる行事です。

還暦、古稀と長寿をお祝いする行事とが続く中、喜の草書体が『』であることから、上の七と下の十七(正確には七七と七が重なっている)を合わせて七十七と読み、77才になる年も長寿のお祝いをしようと始まったそうです。

喜寿のお祝いや年齢はいつ?数え年?

 

喜寿のお祝いは、数え年77才に行います。

数え年とは、生まれた時にすでに1才と考え、以後、元日を過ぎるごとに1才年を取るとするので、何月月生まれでも必ず元日を基準に年齢を数えます。

しかしながら、現在は数え年で年齢を考えることは殆どなくなり、代わりに生まれた年を0才と考え、以後、誕生日の前日から1才年を取る『満年齢』が多く使用されています。

このため、満年齢で数えると喜寿は76才になりますのでご注意して下さい。

喜寿のお祝いの仕方や喜ばれるプレゼントは?お祝いの色は?

日本の平均寿命は世界一と言われています。平成30年の簡易生命表では、男性は81.25才、女性は87.32才です。

平均寿命がすでに喜寿を超えており、もはや喜寿を迎えてもそれは長寿とは言えないというのが現状のようです。

しかし喜ばしいおめでたい行事であることには変わりません。

そのため、お祝いも心のこもったものを用意したいですよね。

喜寿のお祝いの品に、『お金を包む』というものもありますが、やはり一番喜ばれるのは子供や孫、親戚が一同に集まって会食をすることではないでしょうか。

そうして皆で集まって顔を見ることが一番のプレゼントになると思います。

とは言え、品物として形のある物を贈りたいというのであれば、色は『』がお勧めです。

喜寿のお祝いには、昔から紫色の物を贈るのが縁起がよいとされていました。

紫色は昔は高貴な色とされており、身分(地位)の高い人だけが、身に付けることができたと言われているからです。

まとめ

いかがでしたか?

喜寿は元々、日本で生まれた独自の長寿祝いの行事だったとご存知でしたか?

これから日本人の平均寿命が益々伸びて、喜寿を迎える方がたくさん増えたら、日本の労働力は幅を増し、今よりももっと活気づくかも知れませんね。

このような日本の素晴らしい文化を、子供達に伝えていきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました