白寿の年齢と意味や由来!お祝い方法や人気プレゼントや色とは!

白寿の年齢と意味や由来!人気のプレゼントや色について

 

日本では年齢を重ねるごとに、長寿をお祝いする行事が増えていきます。

60才で『還暦』、70で『古希』、80才で『傘寿』、88才で『米寿』となります。

一昔前までは『人生50年』と言われ、60才を迎えるのは大変な長生きとされてきました。

現在では60才はまだまだ若いとされ、70才、80才でも元気に毎日を過ごしているご高齢の方がたくさんいらっしゃいますよね。

そのような意味では、昔の長寿と今の長寿は少し意味合いが違うかも知れませんが、例え時代がどれだけ変わろうとも年配者を敬い、その年を迎えられたことをお祝いするのはとても素晴らしいことだと思います。

それでは、『白寿』という言葉を聞いたことはあるでしょうか。

白寿は還暦や古希と同様に長寿をお祝いする行事なのですが、白寿をお祝いする年齢や意味について詳しく知っているという方は少ないと思います。

そこで今回は、白寿の基礎知識やお祝いの方法、人気のプレゼント等についてご紹介します。

スポンサーリンク

白寿とは?お祝いにはどういう意味がある?

 

白寿』は、日本発祥の長寿を祝う行事です。

昔はよりも寿命が短かったため、白寿を迎えられる人というのはかなり少なかったと思われますが、現代の日本は長寿国となり、年間に数万人の方が『白寿』を迎えられているそうです。

白寿の由来とは!お祝いする年齢は数え年?

 

白寿は、『百』という字から一を引いた数、すなわち99才のお祝いを指します。

とは言え、数え年で99才としているため、満年齢で言うと98才の時にお祝いをすることになります。

2020年に白寿を迎えられる方は数え年で、大正11年(1922年)生まれの方です。

ご参考までに数え年の数え方は、生まれた年を1才と見なし、以後は元日に1才ずつ年を重ねていく計算となり、誕生日は関係ありません。

日常においては、『満年齢』が殆ど使われ、数え年はあまり使われておりません。

ちなみに百歳をお祝いする時は『百寿』と書き、白寿に一を足した数となります。99才、100才とお祝いが続きますが、これくらいの年齢に達すると、お祝いが多くてもいいですよね。

白寿のお祝いやどんなレゼントが人気?お祝いの色は何?

 

白寿のお祝いの色は『』です。

これは知らなかった方でも、『白寿』の字のごとく白なので、お分かり頂けた方も多いのではないでしょうか。

還暦では『赤』を、古希や喜寿、傘寿では『紫』がお祝いの色となりますが、白寿では『白』がお祝い色となります。

白寿の由来については上記でも記載しましたが、白には、純白で貴賓が高いイメージがあるため、白寿を迎えられた方への敬意を表す意味合いもあります。

プレゼントで人気があるのは生花の花束です。白い胡蝶蘭バラユリなどがお勧めでしょう。

白寿のお祝いの際には、白のちゃんちゃんこや座布団、扇子、頭巾などを用意して、身内や親戚が集まって食事会を開いたりしてお祝いするのが一般的のようです。

最近はレストランや温泉施設やホテルなどで、このような長寿のお祝いの行事を行う方も増えているようです。

98才(99才)となると体調がすぐれないという方も多いと思います。

白寿を迎えられる方の体調を考慮し、負担がないようにしましょう。

まとめ

長寿のお祝いというのは、その年を迎えた本人だけではなく周りの人にも勇気や元気を与えてくれます。

もし、周囲に白寿を迎える方がいらっしゃったら、是非、長生きの秘訣をを伺ってみてはいかがでしょうか。

体調がすぐれない方をお祝いをする場合は、事前に何時でお開きの予定など、時間を決めておき、ご本人にへ伝えておいた方がいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました