二日酔いに効く食べ物・飲み物は?おすすめ10選!

酔い覚ましに効き目がある飲み物と栄養素とは?

新年会から忘年会や歓送迎会等、一年中飲む機会が多いですが、今回は二日酔いに効く飲み物や食べ物について調べてみましたので、ご紹介いたします。
特に、ワインやカクテル、フルーツ系の酎ハイなど、甘くて飲み易いお酒は、ついつい飲みすぎてしまい、翌朝起きたら二日酔いになっていたという経験をお持ちの方も、けっこういらっしゃるのではないでしょうか?
そんな時に知っておきたいのが二日酔いに効く、飲み物や食べ物です。
起きたら気分悪く、何も飲む気も食べる気もしないと思われるかも知れませんが、飲んだり食べたりする事で、意外と二日酔いが早く治るかもしれません。
そこで、今回は二日酔いに早く効く飲み物や食べ物を調べてみましたので、ご紹介いたします。

 

 

スポンサーリンク

二日酔いに効く食べ物・飲み物おすすめ10選!

飲んだアルコール量以上の水を飲むのが、理想的といわれています。

特にお酒を飲むと辛いつまみを食べる傾向がありますので、より多くの水を飲んでアルコールを排泄することが、二日酔いに効果的といわれています。
ウコンのサプリやドリンクは、脂肪肝の方は肝臓にあまり良くないというお医者さんもいらっしゃいますので、過剰摂取に注意しましょう。

スポーツドリンク

スポーツドリンクには、体内で必要な糖分や塩分等の成分が多く含まれていますので、脱水症状を改善する効果があります。
朝起きて、一度に多く飲むよりこまめに飲むようにしてください。

塩分不足は脱水症状に陥り易いので気をつけましょう。

コーヒー

コーヒーに含まれるカフェインには、血管を収縮する作用があるとされており、血管の拡張によって、二日酔いの頭痛を和らげる効果があるといわれています。
また利尿効果があり、アルコールの排出を促し二日酔いの解消に効き目があるといわれています。
もちろんホットでもアイスでもかまいません。

はちみつ

はちみつに含まれる果糖には、アセドアルデヒドの分解を促進する効果があるといわれています。
ブドウ糖は摂取後、直ちにエネルギーとなるため、倦怠感やだるさに効き目があるといわれています。
食パンにハチミツ着けて、コーヒーと一緒に食べれば、より効果的ですね。

枝豆

枝豆はビールのおつまみに人気がありますが、実は身体にも良くて、枝豆に含まれるビタミンC、タンパク質、レシチンという成分が、肝臓の働きを助けて、アルコールの代謝を促進するといわれています。

トマトジュースまたはトマトスライス

トマトに含まれるリコピンクエン酸には、アセドアルデヒドの分解を促進する効果があるといわれています。
トマトスライスでもいいですが、塩のかけすぎに注意しましょう。

オレンジジュース

オレンジジュースには、ビタミンCや果糖が豊富に含まれており、肝臓の働きを助け、二日酔いに効果があるといわれています。

柿は秋しかありませんが、果糖を多く含んでおり、低血糖による二日酔いの症状を抑える効果があるといわれています。

牡蠣

牡蠣に含まれるタウリンが、肝臓の働きを助けてくれ、二日酔いにいいといわれています。
二日酔いの時に食欲がなく、牡蠣を見ただけで食べられないかも知れませんが、薬だと思えば幾分食べ易くなるかも知れませんね。

大根おろし

大根には消化を助ける酵素が多く含まれており、二日酔いによる胃のもたれに効果があるといわれています。

 

二日酔いに効果がある飲み物や食べ物を選ぶ時のチェックポインは?

二日酔いの原因とされる主な原因とは、体内でアルコールが分解される時に発生するアセドアルデヒドという成分によるものです。
アセドアルデヒドはアルコールよりも有害な成分で、頭痛・めまい・吐き気・倦怠感などを起こす原因といわれています。
また、大量にアルコールを摂取すると、解毒するために肝臓が極限状態で働きますが、その際糖分を作り出す事ができなくなって、低血糖状態になります。
更に、アルコールには利尿作用もあることから、体内の水分が大量に失われ、そのまま寝てしまうと脱水状態になってしまう事があります。
そして、アルコールやアセトアルデヒドを分解する力が落ちてしまい、二日酔いが悪化するといわれています。

二日酔いに効果がある飲み物や食べ物の特徴は?

二日酔いを解消するには、脱水症状低血糖を治すことが大事です。
朝起きて、気持ち悪くて何も食べたくない場合でも、水分や糖分の補給は意識して行いましょう。

肝臓の働きを助ける栄養素とは?

ビタミンC、ビタミンE、オルニチン、タウリン、タンパク質、食物繊維が肝臓の働きに効果的といわれています。

二日酔い防止の対策

飲む時のつまみに、最初にオリーブオイルを使用したサラダやカルパッチョ、また前述の通り、枝豆などがおすすめです。

油はアルコールの吸収を遅くする効果があり、ヨーロッパでは飲む前にオリーブオイルを摂取する慣習になっています。

まとめ

二日酔いは深夜まで長時間飲んだり、何種類もの酒を混ぜて飲んだり、甘いお酒をついつい飲みすぎた時に、なってしまいます。
本当に苦しいものです。アルコールが抜けるまで、横になって休んでいる方が多いようですが、適切な飲み物や食べ物を口にした方が、早く回復できます。
いつ二日酔いになるか分かりませんので、あらかじめ効き目のある飲み物や食べ物は、冷蔵庫に準備しておくことも大事です。
飲み会が長い場合は、途中で烏龍茶等のソフトドリンクで、インターバルを取りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました