仏滅の日のお見舞いは大丈夫?午前か午後でも関係する?

仏滅は何かと縁起が悪い日とされていますので、六曜を信じている方にとってはとても行動がしにくい日となってしまっています。

今回はこの仏滅と友達や家族が入院してしまったときのお見舞いの関連性について言及し、仏滅とお見舞いの相性がどうなっているのかをご紹介いたします。

ポイントは、仏滅にお見舞いをしていいのかどうかです。

仏滅にお見舞いはOKなの?

いきなりですが、答えを申し上げます。

ずばり、仏滅のお見舞いは『入院患者やその親類の人達の考え方次第なので、なんとも言えない』が答えになってしまいます。

入院している本人が六曜を気にしている場合、またはその親類縁者が六曜を気にしている場合に仏滅にお見舞いをすると、『マナーがなっていない人』としてとらえられる可能性が高いです。

せっかくお見舞いに行ったとしても印象が悪くなってしまうのです。

お仕事関連のお付き合いでお見舞いに行ったのに、印象が悪くなってしまうのでは行かない方がいいという意見すら出てしまいます。

逆に六曜を全く気にしていないという方ならば、六曜を気にすることなく相手の都合に合わせてお見舞いに行くといいでしょう。

はっきり言ってこれは相手や相手の周りの人達が、どのように認識しているのかで変わってきてしまいますので、明確な答えが存在しないのです。

入院患者やその周りの人達が六曜を信じているかどうかはわかるの?

これは入院患者の人とのやりとりで察するしかないでしょう。

仕事上のお付き合いだったとしても、『今日は大安なので色々と都合がいい』とか『今日は仏滅なので派手な行動は避けたい』といった言葉を発するような方でしたら、六曜を信じている可能性が高いので仏滅は避けた方がいいです。

逆にこういった発言が一切ない人ならば、六曜を信じている可能性は低いので、仏滅だろうが赤口だろうが気にすることなくお見舞いに行けると考えましょう。

本人はOKでも周りの人達がNGを出すケースを事前に察するには、入院患者とメールなどでやりとりをして『明日は仏滅だけどお見舞いに行ってもいいか?』といった確認をするといいでしょう。

そこでの返答次第でいくかどうかを判断してください。

そもそも六曜的にダメな日は仏滅だけなの?

『入院患者が六曜を気にしている、または入院患者の周りの人が気にしているなら仏滅はダメ』というのが結論でしたが、六曜を気にしていた場合色んな日がダメという可能性があります。

一つ一つに相性について詳しく見ていきましょう。

ちなみに、六曜大安友引先勝先負赤口仏滅の6つあるので、この6つの項目との相性のお話になります。

大安ならば基本OK?

大安は基本的にあらゆる事柄がプラスとなってくれる終日吉の日となっています。

この大安とお見舞いの関連性なのですが、NGであるという意見はまったく見られませんでした。

むしろ六曜を気にしている人が相手ならば、とりあえず大安を選んでおけば大丈夫という答えが大半なのです。

迷ったら大安にしましょう。

友引はNG?

これは意見がかなり分かれています。

基本的に友引は大安に次ぐ吉日という扱いなので、六曜を気にしている人でもOKとしているケースもあるのです。

しかし友引の意味には『勝負がつかない引き分けの日』というのがあるので、そこから治療に打ち勝てずに長引いてしまうというマイナスイメージで捉えている人もいるのです。

他にも『慶事ならば幸せをお裾分けして凶事ならば不幸をお裾分けする』といった意味もあるので、病気をうつしてしまうとか不幸を伝染させてしまうからNGと認識している人もいます。

こういった考え方があるので友引のお見舞いはちょっと難しいのです。

先勝はOKなの?

これもまた非常に難しいです。

先勝には『勝負事と相性がいい日』とか『急げば急ぐほど吉』といった意味があるため、病気に打ち勝つためにお見舞いとは相性がいいという意見を出す人もいます。

しかし、この先勝は『午前中午後』という吉凶の移り変わりがあるため、この午後に凶という特性から相性が最悪であるという意見の方が多いのです。

というのも、病院へのお見舞いは検査などで忙しい午前中は避けた方がいいという一般的な考え方がありますので、午前中だけ吉となっている先勝とは相性が悪くなってしまうのです。

結論を記載すると、こういった吉凶の移り変わりから先勝もNGとしたほうがいいでしょう。

先負ならOK?

先勝との相性がよろしくないのがお見舞いですが、先負ならばどうなのでしょうか。

先負は先勝とは逆で、午前中午後となっているため、吉凶の移り変わりから考えると相性がいいとされることが多いです。

ただし、人によっては『勝負事との相性が悪いため、病気との勝負をしている人にとって先負はNGである』という考え方をしているので注意しましょう。

しかし、相性的にはいいという意見の方が多いので、お見舞いをするのなら大安に次ぐ安パイな日が先負となっています。

赤口はやっぱりダメ?

仏滅に次ぐ凶日の赤口ですが、やはりお見舞いとは相性が悪いという意見が多数です。

まず赤口は『』の文字が入っていますが、この赤というのは『火』や『血』を連想させるので、そこからマイナスイメージに繋がってしまう事柄がことごとくNGとされていいます。

病院では刃物や血液が非常に関わってくる場所となっているので、今回は『血』を連想させてしまうので赤口はNGという扱いになっているのです。

人によっては仏滅よりも絶対に避けるべき六曜が、赤口であるという意見すらあります。

結局どの六曜にお見舞いに行っていいの?

先ほど六曜とお見舞いの相性について全部まとめて見ましたが、結論を記載すると『大安が一番の安パイで次点で先負、それ以外には全部マイナス要素があるので要注意』となってしまいます。

大安や先負以外で相性的に問題なさそうなのは先勝ですが、やっぱり午後が凶となってしまうというのがネックでの部分まで気にしないという人ならば先勝も使えると言えるでしょう。

友引と赤口と仏滅はお見舞いに関してのマイナスイメージがかなりありますので、はっきり言って避けた方がいいです。

とりあえず、『六曜はある程度意識しないといけないけどどうしたらいいのかわからない』と感じてしまった人は大安を選んでお見舞いに行きましょう。

ただし、同じように考えている人がいると大安のお見舞いはかなり混雑してしまう可能性がありますので、今のご時世人混みには注意してください。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は仏滅にお見舞いに行ってもいいのかといった情報をまとめました。

仏滅とお見舞いはやっぱり相性が良くありませんでしたが、六曜全体で考えると相性が良くて安全な日は大安と先負ぐらいしかないのでかなり厄介と言うこともわかってしまいました。

あまり相手が六曜を気にしていないのならば、相手にとって最も都合のいい日を選ぶようにしましょう。

6日に4日がアウトというのはさすがに動きにくいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました