ホームランが出やすい球場とは?なぜ球場の広さやフェンスの高さが違う?

野球好きの方なら、どうしても気になってしまうのがホームランであり、ホームラン数が少ないチームを応援していると、もっと打って欲しいという気持ちになってしまいます。

しかし、ホームランが出やすい球場もあれば出にくい球場があります。

今回は球場の広さやフェンスの高さが違うのを許している理由はなぜなのか、具体的に出やすい球場や出にくい球場とはどこなのかを紹介致します。

また、東京ドームがどうしてホームランが出やすいと言われているのかもご紹介いたしましょう。

ホームランが出やすい球場とは

ホームランが出やすい球場になっているのかどうかは、12球団パークファクターという数字を見るだけである程度わかります。

参考資料として、こちらの『2020年12球団パークファクター – 日本プロ野球RCAA&PitchingRunまとめblogを見てみましょう。

2020年12球団パークファクター
前:2019年PF 次:2021年PF 年度202120202019201820172016201520142013201220112010200920082007200620052004200320022001200019991998199719961995199419931992199119901989198819...
2021年12球団パークファクター
前:2020年PF 次:2022年PF 年度202120202019201820172016201520142013201220112010200920082007200620052004200320022001200019991998199719961995199419931992199119901989198819...

 

まずパークファクターとは、球場の特性を評価する指標であり、具体的に解説すると『同じリーグの平均的な球場と比べて何倍出やすいか』を数字にして表したモノとなります。

1が平均値であり、1を超えているところは平均より上になり、1を下回っていると平均よりしたとなります。

この数値を見ていただくとわかるのですが、セリーグではヤクルトのホームである明治神宮球場が圧倒的にホームランが出やすくて、広島中日のホームは少ないことがわかります。

パリーグの場合はソフトバンクロッテ楽天がホームランが出やすく、日本ハムがかなりホームランが出にくいホームになっているということです。

ただし2019年度になると、セリーグは巨人とヤクルトと横浜のホームがホームランが出やすく、中日が圧倒的にホームランが出にくいことがわかっているので、その年によって多少は上下しています。

過去のパークファクターを見てみると、相対的にセリーグでホームランが出やすいのは明治神宮で、次点が東京ドーム横浜スタジアムとなっており、逆に出にくいのがマツダスタジアムと阪神甲子園球場とナゴヤドームです。

パリーグはホームランが出やすいのはソフトバンクのホームで出にくいのは札幌ドームとなっているようです。

球場のサイズとフェンスの高さはどうなっている?

球場のサイズとフェンスの高さを詳しく知りたいという人はこちらの『プロ野球の本拠地球場の広さランキング!収容人数・外野・フェンス・ホームランの出やすさも!をご覧ください。

プロ野球の本拠地球場の広さランキング!収容人数・外野・フェンス・ホームランの出やすさも!
プロ野球の本拠地球場でどこが一番広いのか!?一番広いのは札幌ドームです。他にも収容人数・外野の広さ・フェンスの高さ・ホームランの出やすさをランキングにしました。

こちらのデータの中に、ホームからフェンスまでの平均距離とフェンス平均高さを足した数値をランキング形式で紹介しています。

この数値を見ると、ホームランが距離的に出やすいのは、横浜明治神宮甲子園となっており、出にくいのはマリンスタジアム⇒ナゴヤドーム⇒札幌ドームとなっています。

ただしマリンスタジアムは、ホームランが出やすくするためのラッキーゾーンを設けたので、代わりにその順位に入るのはオリックスの大阪ドームでしょう。

ちなみにマツダスタジアム広島の左翼が101mもありますが、横浜スタジアム94.2mとなっているので、この時点でかなりの差があります。

また中堅までの距離はほとんどの球場が120mなのに、甲子園球場118mで横浜スタジアム117.7mとなっているので、距離的には圧倒的に横浜スタジアムがホームランを量産しやすいのです。

ただし外野が広くなっていたり風の影響があることで、ホームラン数が急激に少なくなることがあり、甲子園名物の浜風がある阪神はホームランがかなり出にくいと言われております。

なぜ球場の広さは統一されなかったのか?

これは明確な理由がなくいくつかの意見が飛び交っている状態です。

その中でも納得できたのは以下の意見となります。

・違うことで多様性を求めていたから

・野球は元々『消防団員の運動不足解消のためのレクリエーション』などで開催するスポーツだったために地方独自の発展をしている部分があって、球場もある程度のルールさえ守っていればOKという状態だったから

・観客動員数を優先した場合にフェンスを高くして外野までの距離を小さくして観客席を増やすといった考え方も出てきたから

・2チームによる対戦型の球技なので、そこで開催する限りホームもアウェーも同じ条件で戦うことになるから

このように、色んな理由があるのです。

メジャーの球場はどうなっている?

メジャーリーグのパークファクターもものすごく偏っています。

参考になるのは『2018年のパークファクタートップはやっぱりあの球場!打者天国はどこだ? – めじゃるぶや『野球の記録で話したい : MLB30球団本拠地のパークファクターと大谷翔平という記事です。

2018年のパークファクタートップはやっぱりあの球場!打者天国はどこだ? - めじゃるぶ
MLB30球団本拠地のパークファクターと大谷翔平 : 野球の記録で話したい
パークファクターは特に投手には重要な数字だと思うが、大谷はそれを考えているのか?

これを見るとロッキーズのクアーズフィールドはものすごく失点する確率が高く、ホームランが出やすいと言うことがわかります。

逆にヒューストン・アストロズのミニッツメイド・パークは、2016年まではセンターまで130m以上あり球場サイズがおかしいため最も失点しにくい球場となっています。

このようにメジャーリーグでも球場別の格差がひどいです。

ホームラン記録として成り立つのに、誰も意義を持たないの?

球場の広さがバラバラなのに、ホームラン記録として競い合って意義があるのでしょうか?

日本だと中日や日本ハムに所属している選手よりも、ヤクルトや巨人に所属している選手の方が圧倒的にホームランの記録は狙いやすいでしょう。

年間のホームラン王にも確実になりやすいです。

しかし、これがもはや当たり前のことと認識されているので、意義を持ったところで意味がないと言われております。

また野球好きの方々からすると、『野球は地の利を活かせる戦略性のあるスポーツなのだから、ホームランが出にくいのならその特性を活かしたチーム編成をしない方が悪い』という指摘もありました。

他の意見として、天候や風などを加味してすべて同じ条件で統一することは不可能だから気にしすぎてはいけないという指摘もありました。

近年は球場が広くなったのはなぜ?

ソフトバンクのホームやロッテのホームはホームラン数を増やすために狭くしましたが、それよりもちょっと前の時代、昭和の後期や平成の時代は球場を大きくするのが当たり前でした。

これは昔と比べると日本人も体格が良くなり、ホームランが出やすくなったというのが大きいと言われています。

1991年まで日本人には大きすぎるために、甲子園にラッキーゾーンが設けられていたのですが、選手の体格向上以外にバットやボールの品質改良が進んだことでホームランが出やすくなり撤去されました。

ドーム球場は飛距離がどれくらい伸びる?

これは下記の説がでており、意見が分かれています。

①ドームの天井を膨らませるために、ドームの外へ向けて空気の流れを作っており、その上昇気流に乗ることでホームランが出やすくなる
②ドーム内部の空調によってホームランが出やすくなる

個人的にドーム内の空調によって飛距離が伸びるとは考えにくく気圧差によって生じる下から上への空気の流れによって飛距離が伸びていると思います。

実際、元巨人軍の桑田真澄さんも、『東京ドームでは当たりそこないの打球が、ホームランになってしまう。これをドームランと言います。』とコメントされています。

東京ドームが空気抵抗が少ないので飛距離が出るという意見もありますが、ドーム内の気圧はむしろちょっと高いので空気抵抗が増すため、気圧だけを考えると飛距離はわずかに減るはずです。

その気圧差もほんのわずかで0.3%程度と言われているので、誤差と言えるレベルでしょう。

実際、筆者も感じたのが、帰りに球場の出口から出る瞬間に、気圧の影響で背中を押される様な感じになりました。

参考までに、メジャーリーグのロッキーズのホームは標高1,600mにあるため、気圧がかなり低く空気抵抗が少ないので、海面と同じ高さに作られている他球場と比べても飛距離が約1割は伸びると言われています。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はホームランが出やすい球場についてお話ししました。

なぜ球場の広さやフェンスの高さが違うのかというお話をすると、色んな理由があることがわかりました。

個人的にこういった違いは、個人記録に明確な差が出てしまうので、かなり気になる部分ではありますが、それを含めて野球というコンテンツと思って割り切ることが重要だと思います。

しかし、ホームラン王を狙いたいと本気で思っている選手が中日や日本ハム所属になってしまったら、かなり不利になると感じてしまうのも事実です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました